家のローンが返せなくなった時の解決方法

人生の中の一番高い買い物は、住宅だと思いますが、多くの方は一括払いではなく、ローンで返済をします。
しかし、日本経済が不安定な昨今、住宅ローンの支払いが困難になるケースが多いようです。
以下に住宅ローンの支払いが困難になった場合に、どのような対処方法があるか述べていきます。


@住宅を買い取って貰う
ローンが残っていても、住宅の売買は可能です。
不動産屋さんに買取りをお願いしてみて、安い住宅を購入するか、新たに賃貸契約をして、今の住居を売却する方法です。
不動産屋さんにより、買取り金額も異なりますから、何社か買取りの見積もりをお願いすると良いと思います。

 

A今の住居を賃貸として貸す
新たに、別の場所に住居として構えて、今の住居を賃貸として貸すケースです。
賃貸契約を結んで、固定収入を得る事が出来ます。
また、あまり多くはありませんが、二世帯住宅の場合は、間借りする方もいらっしゃるようです。

 

B債務整理を考える
他の借金やローンがある場合は、司法書士や行政書士、弁護士などのスペシャリストに相談し、債務整理を行うのをオススメします。
債務整理は、債務を見直す事によって生活安定を図る方法です。
住居を資産として残す方法もありますし、住居を売却して、他の借金やローンと一緒に返済方法を考えるケースもあります。
個々人により、自分に合う債務整理の方法は異なりますから、専門家に相談しつつ自分に合う債務整理を行う事をオススメします。

 

C住宅ローンを組む前に考える事は?
住宅ローンを組む時に、頭金をどうするかや、ボーナス払いの有無をローン会社や販売店などから聞かれます。
返済が苦しくならないためには、頭金を多目に支払って、ボーナス払いは避けたほうが良さそうです。
また、ローンも信用金庫や農協、住宅金融公庫や銀行などにより金利が異なりますから、住宅ローンを組む時は、いくつか借りるところをピックアップしとくべきです。
また、新築に拘らず、中古物件も視野に入れて、返済が苦しくならないようにローンを組む必要があります。